秋の衣替えのやり方。これだけ抑えておけばOK!

夏物のスラックスを長く履いている生地がゴワゴワになったきたりしませんか?

あれ?マメにクリーニングに出しているのになぜ?とおもいませんか?

 

そのゴワゴワになる原因は

 

それは

 

 

です。

 

ゴワゴワになる原因

 

着用時にでる汗がクリーニングをしても落ちていないからです。

 

え?汗が落ちていない⁈

 

そうです!どういうことでそうか?少し深堀りしていきます。

 

*ウールなど動物性繊維は通常洗いではほとんどのクリーニング屋さんはドライクリーニングをする。

通常洗いでは、クリーニング屋さんはドライクリーニングができて、汚れがきつくない服はドライクリーニングする傾向があります。

 

 

 

*ドライクリーニングは油汚れは著しく落とすが、汗の水溶性の汚れは落としきれない。

水溶性の汚れを落とすのは、水洗いが良くおちます。

よって汗を落とすのは水洗いです。

 

 

*家庭洗濯でウールを洗うのは難しい。

ウール製品など動物性繊維はあまり機械力を与えないというのが鉄則です。

 

うまく洗えたとしても仕上げがたいへんです。

家庭用アイロンではしわが伸び切らないと思います。

 

*汗のついた衣服をそのままにしておくと悪臭、カビ、変色、生地の劣化の恐れがある。

汗は皮脂やあかが混ざって雑菌が発生します。雑菌は高温多湿を好むので夏場は注意です。なので秋の衣替えの夏服は要注意です。

 

 

このようなことから、クリーニング屋さんで洗うダブル洗いの重要性を、わかっていただけたと思います。

 

当店ではダブルアクアがこのコースになります。

夏場に着る服は不感蒸発泄という目には見えない汗をたくさんかいています。

です商品に全部ダブルアクアをしてもいいと思います。

 

是非お試し下さい。

 

 

 

 

春の衣替えより難しい秋の衣替え。実は色んな危険が潜んでいたとは!

秋の衣替えはいつどのタイミングですればよいのでしょうか?これは春の衣替えのタイミングより難しいといわれています。

後、何を出せばよいのか?何処に出せばよいのだろうか?こんな疑問を持たれたことはないですか?

 

またこんな経験はございませんか? 

出したブラウスをタンスにしまって置いたら、脇のあたりが輪を描いたように黄ばんでいた。

ズボンはこまめに出しているのだが、なぜか固くガシガシになってくる。

 

この記事を読むことによって一気にこのような疑問、悩みを解決します。もう迷う事なくサクサクと衣替えをできるはずです。

 

ついでにおまけもあるので最後まで読んで下さいね。

 

さて本題です。

 

 

  1. いつ出すのか?
  2. どのように出すのか?
  3. どこに出すのか?
  4. 何を出すのか?
  5. なぜ出すのか?
  6. 誰のものを出すのか?

 

1.いつ出すのか?

結論気温が20℃前後になると出し始めましょう。

 

朝の気温が20℃を下回って、日中が20℃前半にとどまるぐらいが出しごろです。

 

体感では日中に半そでの上に薄手のカーデガンを羽織るころです。

 

私がこの業界に入ったころは、お父ちゃんが子供の運動会でリレーを走って、終わって帰り際にジャンバーを肩に引っ掛けて帰るのがちょうどいいころと職人さんに言われました。(ん~わかりにくい!笑)

 

2.どのように出すのか?

 

本当は着なくなった夏服から出すのがいいのですが、今は寒くなるのが早いので一時的にためておくのがいいと思います。

 

そしてクリーニング屋さんがセールの時に一気に出す。(今はまとめてセール!とうたっているクリーニング屋さんが多い為)

 

3.どこに出すのか?(結構重要です。)

 

まず必ずダブル洗いがメニュー化されているお店を選んでください。漂白工程までしてくれるコースがあれがなおよし(なるべく汚れを残さない為)

 

ダブル洗いとは、、、ドライクリーニングの後にウェット(水洗い)をするクリーニングです。

 

ドライクリーニング~油汚れ、不溶性の汚れを落とす。

 

ウェット(水洗い)~水溶性の汚れ、不溶性の汚れを落とす。

 

 

これをすることによって得られる効果

 

汗抜き。防臭、抗菌、変色予防、カビ予防etc

必ず衣替え(仕舞洗い)の場合は変色、カビ、悪臭、虫食いのリスクがあるのでダブル洗いを行いましょう。

 

4.何を出すのか?

 

基本的に夏服を全部と言いたいところですが、これだけは!というアイテムをピックアップすると

 

*夏物、あいものスーツ~ジャケットも必ずセットで出すこと。

 

*汗をたくさんかいた物~ブラウス。ジャケットetc

 

*綿、麻などの天然繊維の物

 

*帽子、ハット

 

5.なぜ出すのか?

 

家庭洗濯ではダブル洗いが難しいです。特に油汚れを落とすのがクリーニングの洗いに比べたら弱いです。

 

こんなケースはございませんか?

 

お父さんや子供さんのYシャツを家庭洗濯でずっと洗っていると、襟や脇のあたりが黄ばんできたという事。

これは家庭洗濯で落ち仕切れない油汚れが蓄積されて、酸化して黄変しています。

 

なのでクリーニングに出すのが得策です。

 

6.誰のものを出すのか?

 

子供さんものは、比較的油汚れが少ない為、家庭洗濯で対応できると思います。

 

じゃあ~誰のものを出せばいいの???

 

答えは

 

働き盛りのお父さんの物です。

 

この年代は特に脂肪酸という臭いのあるものを出すので(汗)

 

後はブランド物や大事な着ている商品

 

秋の衣替えはちゃんと選別してやらないと変色、カビ、悪臭、虫食いのリスクが潜んでいます。

なので春の衣替えより難しいでしょう。

 

そうならないために正しい衣替えをしましょう。

 

最後におまけ。

夏の間にやっていくべきお家でのケア

 

*水洗いできるものはこまめにしておく。

 

 

*お家で洗うのが難しい衣類のケアは?

精製水を霧吹きでかけて陰干ししておく(特に汗をかいた部分にかける)

これだけでも変色、カビ、悪臭、虫食いのリスクが軽減できます。(完璧に防げるわけではございません)

これは衣類についた汗を多少、抜く効果がある為です。

ただ水道の水は塩素を含んでいる為に適しません。

 

もう一つおまけ

当店の秋のまとめてセールです。

当店はダブルAQUA(ダブル洗い)、ダブルAQUA+特殊染み抜き、高級仕上げ加工剤のプレミアムAQUAコース

(場合によっては漂白もします)をご用意しております。

 

是非お試し下さい。よろしくお願いします。

 

 

 

宅配でのクリーニングも承っております。

谷口クリーニングでは、

ご自宅まで、お預り・お届けを行う宅配クリーニングも承っております。

 

◇重たくて運ぶのが大変!

◇子育てなどで家を出にくい!

◇まとめて一気に出したい!

 

そんな、声を頂いて当店でもご自宅まで、お預り・お届けに参ります。

 

電話でのご依頼は ➡➡➡ 06-6991-3548

ホームページからのご依頼は ➡➡➡ こちらをクリック

宅配料はクリーニング代金¥5,000以上で無料です。

 

昨今の感染症対策を踏まえて、非接触での受け渡しも行っています。

非接触での宅配をご希望される場合は、ご依頼時にお伝えください。

 

宅配クリーニングの流れ

 

①まずはお電話かホームページ、または店頭でご依頼ください。

 

②お電話にてお伺いする日時を打合せさせていただきます。

 

③お伺い日時に当店スタッフがご自宅まで伺い、ご依頼品をお預かりいたします。

その際にご要望なども合わせてお聞きいたします。

 

④当店へ持ち帰り、細かい検品を行い、真心こめてクリーニングいたします。

 

⑤クリーニング完了後、お電話にてお渡しに伺う日時を決めさせていただきます。

 

⑥お渡しに伺う日時に、当店スタッフが伺いご依頼品をお渡しいたします。

(お支払いはお渡し日にお願いいたします。)